張るには何が必要?|輸入壁紙の張り方 (不織布編)

このページでは、多くの輸入壁紙で採用が広まっている裏地(壁紙の裏側)が不織布(フリース)タイプの張り方を説明しています。

裏地が紙の壁紙の場合は、この方法では張れませんのでご注意ください。

1.必要なツールを用意します。

  1. ① 地べら(竹べらで躾けた箇所に定規代わりに使い、これに沿ってカッターで切って行きます。)
  2. ② なで刷毛(壁紙の上を撫でて中に入った空気を抜くと同時に、しわを伸ばします)
  3. ③ 竹べら(壁紙をカッターで切る前に、この竹べらを使ってクセを付けます。)
  4. ④ ジョイントローラー(壁紙と壁紙の継目「ジョイント部分」を押えるローラーです。)
  5. ⑤ カッターナイフ
  6. ⑥ スポンジ(表面などについたノリを、水を含んだスポンジで取り除きます)
  7. ⑦ ローラー(糊を塗るのに使います)
  8. ⑧ 粉糊(今回は張って剥がしやすいタイプの糊を使います。この他に液体状になっている糊もあります。)
  9. ⑨ バケット(糊を入れます。)

2.糊を作りましょう

  1. ①.今回は張って剥がしやすいタイプの粉糊を使用します。
  2. 予め水を入れたバケツに粉糊を静かに入れ、ダマにならない様にゆっくり混ぜます。

3.先ずは張る壁の大きさを計りましょう

    1. ①.まずは壁紙を張る床から天井までの高さをはかります。ポイントは、実際の高さよりも約10cm程度長く記録しておきましょう。
    2. 例えば1m95cmなら2m5cmです。上下5cm程度の余裕を見て、壁紙を張る必要があるからです。


    3. ②.採寸が終わったら、寸法に合わせて壁紙を裁断していきます。
      今回は予め張る壁紙を必要な長さに切って置く方法で行います。
10㎝分の余白を取ったので2m5㎝
余白を取った長さで裁断します。
 

張る順番がわかる様にしておくと作業がし易くなります。
壁紙の表面に番号を貼る場合は、余白部分(切り落としてしまう部分)にしましょう。

4.壁に糊を塗ります。

    1. ①.ローラーに糊を良く付けて、壁紙の幅より少し多めに塗ります。ここで糊の量が少ないと 剥がれる原因になりますの気持ち多めに塗って下さい。
ローラーにたっぷり糊を付けて下さい。
壁に塗ります。
 
次はいよいよ壁紙を張ります