HOW TO(塗り方・貼り方)

ペンキの塗り方と輸入壁紙の貼り方


ペンキの塗り方(ベンジャミンムーアペイント)

ベンジャミンムーアペイントは、どなたでも簡単に塗って頂けます。

北米(アメリカ・カナダ)では、室内の壁を水性塗料(ペンキ)を使ってDIYで塗るのが一般的で、映画やドラマのシーンでも見かけたことがあるのではないでしょうか?

特にベンジャミンムーアペイントは一般の方が塗ってもムラが出ず、超低臭で乾きが早く、安全性も高いことから人気の高いブランドで、日本の環境でも同様に安心してお使い頂けます。

・塗るのが難しいのでは?

・失敗したら取り返しが付かないのでは?

など、最初はいろいろ不安があるかと思いますが、ちょっとしたコツだけ覚えれば驚くほど簡単にさらにキレイに仕上がりますので、是非一度試して見て下さい。

 

輸入壁紙の張り方(不織布・フリース)

多くの輸入壁紙で採用が広まっている裏地(壁紙の裏側)が不織布(フリース)タイプの張り方を説明しています。

以下の条件を満たすと、剥がしやすく張る事が出来るので後から壁紙を剥がしても下地(張る面)を傷める可能性が低くなります。

・張る壁の面が一般的なビニールクロス

・壁紙の裏地が不織布(フリース)

・張って剥がしやすい糊

壁紙は一見張るのが難しいと思われがちですが、張る壁紙、張る場所を選べば何方でも簡単に張る事が出来ますので是非一度試して見て下さい。

 

 

 

 

ペンキ用下地壁紙の貼り方

どなたでも簡単に貼れるペンキ用下地壁紙。

これさえ一度貼ってしまえば、壁の自由度が自由度がぐんと広がります。

貼って剥がし易い糊を使用すれば後から剥がすことも可能です。